【60秒で解決】まだ悩んでいるの?SBI証券と楽天証券は両方開設すれば良い

2証券口座で迷う人が多すぎるので秒で解決します

結論:どちらも開設してください。無料ですしデメリットがない。手続きも良い経験になる。

この手の記事は山程Google内にYoutubeや記事で存在するので、もっと気になる方はそちらを観てください!

SBI証券の特徴おさらい

日本で1番開設されているネット証券口座

・文句なしの圧倒的な開設数!500万口座突破!(2020年6月25日現在)
・単元未満株が現金で買える(楽天証券はポイントのみ購入できる。単元未満株の意味が分からない方はスルーでOK)
・スマホアプリが楽天証券を含めた他証券のアプリより群を抜いて使いやすい(SBI株アプリ→会社四季報を搭載)
・メンテナンスが多いので安心感がある
・住信SBIネット銀行との連携サービスが充実(ハイブリッド預金。住信SBIネット銀行のランクUPの対象)
・初心者からベテランまで幅広い要望にも対応(SBI証券でできないことの方が少ない)

楽天証券の特徴おさらい

SBI証券の永遠のライバル!楽天ユーザーはこっちでOK

・まずは何といってもこれでしょう!日経新聞が無料で読める!日経テレコンというサービス内で読めます
・楽天カードであれば株や投資信託にポイント1%が還元される(月3万円積立で年間7200P還元!)
・還元された楽天ポイントでまた積立や購入ができるので複利と同じ効果がある
・SBIグループと同じ楽天銀行との連携サービスが良い。(マネーブリッジ。楽天ハッピープログラムのステージUP対象)
・Macユーザーには嬉しい!マーケットスピードのチャートが無料で使える(SBI証券はWindowsのみ対応)
・単元未満株がポイントのみ対応。ここが現金でもできれば、SBI証券とほぼ差がない状態になる

まとめ

SBI証券

・つみたてNISAより株式投資のように短期間で資金拡大を狙いたい方はSBI証券でNISA口座を開きメイン証券とする
・楽天証券は日経新聞を無料で読むための1ツールとして使用。(←管理人はこっち派です)
・とりあえず日本で今一番開かれている勢いのある証券口座なので何も分からない投資初心者はSBI証券にしとくべし!

楽天証券

・現在お買い物は主に楽天市場な楽天ユーザーで楽天カード(クレカ)も持っている
・つみたてNISAに興味がある方は迷わず楽天証券をメイン証券口座に。SBI証券はSBI株アプリを使って市場の変動を素早くチェックする
・楽天が好き!青色より赤色が好き!株は怖そうでよく分かんないけど積立は楽しそうなら楽天証券にしとくべし!

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

20歳の時より、お金の教育、お金持ち(資産家)に関心を持ってから節約、家計改善を自身の生活を実験台として日々研究している。 自身も不労所得構築に向けて奮闘中であり、そのプロセス第一弾として、まずはレコーディング100万円貯金を始めた。 自身の経済状況を丸裸にした、おそらく日本で唯一の家計公開ブロガーである。